illustrated by ゆうなてや

無限のネコ定理

 桐朋学園芸術短期大学の卒業生からなるユニットです。

 タイプライターの前に無限の寿命を持つネコを座らせて、鍵盤を自由気ままにふにふにさせていると、いつかはシェイクスピアの傑作が出来上がるらしいです。宇宙が何回か終わったり始まったりするくらいの時間はかかりますが。
 このネコちゃんのように、作品を作っていけば傑作が必ず生み出されるという思いを込めて、「無限のネコ定理」というユニット名をつけました。

 演劇作ったり、映像作品作ったり、いろんなことをケモノのように自由気ままにやっていきます。